商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
ご注文はこちらから!
Xコード
商品詳細

Xコード




Xコード
X-Code / Amigo / Kasper Lapp作
プレイ人数:2〜8人
対象年齢:10歳以上
プレイ時間:15分(ミッション1つ当たり)

 時間が限られて協力ゲームです。
 このゲームは、トレーニングの4つのレベルの上に、ブルーミッション・イエローミッション・レッドミッションが各3つのレベルが用意されています。
 もちろんレベルが上がるごとに、難しくなりより瞬間判断が必要になります。
 基本ルールで各プレーヤーができることは、@山からカードを1枚引くA手札を3枚捨てるB手札を左右どちらかのプレーヤーと交換するCカード3枚セットをボードにプレイする、のいずれかです。ただ手番順はありません。全員同時にどんどん行って構いません。
 @のカード補充には、手札制限枚数があるので気を付ける必要があります。間違って超えてしまったら手札をすべて捨てる必要があります。
 Aは必ず3枚でないと捨てることはできません。必要なカードを残しながら、手札制限枚数を超えないようにするには、1〜2枚だけ捨てたいこともありますがダメです。
 Bカードには、矢印が描かれており、その矢印の方向のプレーヤーとのみ交換可能です。どうしても渡したい人がいる場合には、反対を遠く回ってでも交換を続ける必要がります。

 C0〜9、*、#の種類のカードを3枚ずつプレイできたらプレーヤーの勝ちです。ただ、それは砂時計が落ちるまでの時間です。なお、3枚プレイできたら砂時計を反転させるカードもあります。とにかく砂時計が落ちきる前に、12種すべてのカードをプレイすることが目的です。
 プレイ中に渡せるカード、欲しいカードの種類をどんどん言って、交換を素早くする必要があります。とにかく時間との戦いなので素早い判断と情報共有が必要です。
 トレーニングのレベルは、ジョーカーの数や砂時計を反転させるカード枚数で調整します。
 ブルーミッションになると、0〜9、*、#の12種のカード置き場に効果カードが置かれます。ここにカードがプレーされると直ちにその効果が発行になります。揃っていても、直ちにプレイしないほうはよいものもあります。そのあたりも全員で素早い判断が求められます。また、シーケンスカードの登場により、ゲームボードのプレイできる3枚セットの順番がある程度決められてしまいます。
 イエローミッションはより難易度が上がりますが、各プレーヤーが独自の能力を得ます。これを有効に使う必要があります。
 レットミッションでは、短い時間の砂時計が使われます。
 どの段階までクリアーできるか挑戦してください。トレーニングから行うことにより、チームワークが上がってより高いミッションがクリアーできるでしょう。

 

商品名 Xコード
販売価格 5,800円
在庫

数量: